知って得するクレジットカード比較

クレジットカード比較を十分にせずに、ギフトカードがもらえるお得なキャンペーンをやっていたとか、友人が持っているなどの理由で、なんとなく選んでしまう人がいるようです。それまで現金で買い物をしていた人にとっては、カードで買い物ができるので現金をサイフから出したり、おつりをもらう手間が省けるという程度にしか考えていない人もいます。確かに、それもメリットの1つではありますが、クレジットカードを有効活用することで、大きな節約効果が生まれることもあります。クレジットカードを頻繁に利用する人も、これまであまり利用をしてこなかったという人も、この機会にクレジットカード比較をしてみて、自分に最適なクレジットカードはどれかを考えてみてはいかがでしょうか。

なぜクレジットカードで大きな差がつく?

多くの人は、借金をすることなく生活をしています。しかし、住宅ローン、自動車ローンなどはだれもが利用するものです。ローンを組んでいると、金利によって大きな差がつくことに気がつきます。実は、クレジットカードでもローンと同じで、金利や手数料によって大きな差がつくことがあるのです。クレジットカードを利用する人は、基本的には一括払いで支払いをすると思います。なぜなら、一括払いでは手数料がゼロになるからです。しかし、電化製品などの大きな買い物をするときには、分割払いやリボ払いも利用するでしょう。リボ払いの手数料は、クレジットカードによって10%~18%というように、大きな差がついています。クレジットカードは長く利用をするものであり、人生における総額で考えるなら、1000万円を超えることもあるでしょう。リボ払いの手数料には、バカにできない節約効果があります。

クレジットカード比較のポイントとは

クレジットカードは1枚に限らなければならないというものでもなく、複数枚を持っていて、使い分けているという人もたくさんいます。あまりたくさん持つことはおすすめしませんが、3枚~4枚程度は持っておき、使い分けるということはおすすめができます。例えば、大手通販サイトが発行しているカードや、デパート・百貨店が発行しているカードでは、「ポイントが常に3倍」とか、「5のつく日にポイント5倍」といった特典がついていることがあります。ポイントが5倍ということは、消費税の8%のうち、5%分が節約できると考えることもできます。買い物をすべてクレジットカードで行うことで、消費税が常に3%になるのと同じ効果が得られるなら、すごい効果ですね。また、リボ払いをよく利用する人は、手数料が低く設定された、リボ払い専用のカードを1枚作っておくことをおすすめします。